みかづきメモ

学習したことのメモとか、日記とか、備忘録。

SSHができなかった時の対処

ConoHa(古い方)で、CentOS 6.5(64bit)でのSSHで詰んだのでメモ。


ユーザーを追加して、そのユーザーでSSH接続をしようとしたらできなかった。
休日夕方ずっと悩んでいたので、未来の自分のために対処法をメモっておく。

ここから下は、rootじゃない作ったユーザーで操作しています。


Public/Privateキーの作成

> ssh-keygen
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/mikazuki/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /home/mikazuki/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/mikazuki/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00
The key's randomart image is:

>


WinSCP とかで公開鍵(id_rsa.pub)を送りつけて、公開鍵の登録

$ cat id_rsa.pub >> authorized_keys


パーミッションの変更

$ cd ..
$ chmod 700 .ssh


PuTTYを使う場合

PuTTY では、OpenSSHで生成したキーを使えないので、以下の操作を行う。

puttygenを起動し、「ファイル」 > 「秘密鍵の読み込み」
秘密鍵を読み込んだ後、「秘密鍵の保存」で保存

puttygenで保存した秘密鍵PuTTYで読み込み、接続する。


TeraTermを使う場合

特に何もしなくてもいける。


ちなみに、パーミッションエラーの場合はログを見ればわかる。

$ sudo cat /var/log/secure
Jun 20 17:05:14 mikazuki sshd[1561]: Authentication refused: bad ownership or modes for directory /home/mikazuki/.ssh