読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかづきメモ

学習したことのメモとか、日記とか、備忘録。

夢日記 20150829

私はなぜか「夢を見た」という感覚があるときは、
比較的夢の内容をはっきりと覚えていることが多いので、どうせなら夢日記をつけてみる。


夏にもかかわらず、何故か近畿~中部地方?にかけて、大雪だった。

電車で帰っていて、最寄り駅で降りて、あまりにも寒いので途中でコンビニに寄った。
カップうどん*1と濃いおーいお茶を買って、おばさん店員に「変な組み合わせですね」と言われた。
ついでにホットスナックもおすすめされたので、ポテトも買った。
小銭入れの分では足りなかったので、リュック?からお札をだした(うどん、お茶、ポテトで2000円ほどだった)。
外に出て、歩きながら、うどん食べながら帰った。

途中踏切があるのだが、横断中にものすごく強い風が吹いて、踏切の上から身動きがとれなくなった。
幸い、電車が来ることはなかった。

しかし、ここから何故か線路の上(実際には端)を通って、駅の方へ向かった(最寄りの方ではない)。
駅に向かう途中、母親から
「雪がひどすぎて、妹が乗っていた上り新幹線が止まっているから、迎えに行くけどくる?」
という旨の電話があった。

とりあえず、私は寒いので行かないことにして、線路伝いに駅の方へ向かった。
駅はかなり大きめで、大勢の人がいて、電車を待っていた。
(私鉄で、普通に運行中。車両は古め。ホームには2週~行き、周回なし~行きと書かれていた気がする)

ホームから改札を出た時点で夢が終了。

ちなみに、途中であったコンビニ~渡っていた線路は私に近所に実在するところだと思われる。
その先にあった駅は存在しない。

*1:カップ麺のうどん版。2段構成で、下にめんと具材、上につゆがあって、つゆをあたためてカップになっている下側に入れる