読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかづきメモ

学習したことのメモとか、日記とか、備忘録。

夢日記 20150915

夢を見たので.


学校と思われる場所で、授業を受けていた。
携帯から、緊急地震速報が鳴り出し地震が起きたので、机の下に隠れた。
規模は分からないけど、机の下に隠れていても、揺れに動かされる程度の揺れ。
5弱ぐらいとのちのちあった気がする。

揺れが収まった後、避難ということで、学校内にある地下施設へと移動した。
地下施設には生活をするには十分な設備が用意されていた。

地上の建物が倒壊したのか、その地下施設で数日〜数週間暮らすことになる。
しかしながら、その間に食べ物や水が尽きることもなく、電気も普通に通っていたため、何不自由なく生活できていたと思う。
少なくとも、学内の人間だけでも数百人規模でいるはずなのだけれども。

ある日、なぜ地上に出ないのかと疑問を抱いた私は、教師(と思われる人)にそれを尋ねた。
すると、地上へと行かせてもらうことになった。

「誰にも地上でのことは話すなよ」と言われ、エレベーターのようなもので地上へと上っていった。
エレベーターから出ることはできなかったが、中から見えて地上は、人もほぼおらず、壊れた道路や建物なども放置されていた
(ポツポツと人がいたような気がする。建物も、一部は残っていた。)。

そこで夢が終了する。


私が見ている夢、おおまかに2つにわけられるような気がしてきた。