読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかづきメモ

学習したことのメモとか、日記とか、備忘録。

大量の NoUIEntryPoints-DesignMode をどうにかしたい

そろそろ SSD の整理をしようと思い、設定アプリの「システム」>「ストレージ」から
アプリの整理をしようとしたら、「NoUIEntryPoints-DesignMode」がめっちゃあったので、
どうにかする方法のメモ。


どんな状態かというと、画像のような状態。

f:id:MikazukiFuyuno:20160716233454p:plain:h400

私の場合は、これが100個くらい並んでた。やばい。
ベンダー名も UUID になってたり、アイコンも死んでたりでいろいろあれ。

ということでどうにかしたいとおもいます。

こいつの原因は、 VS2015 の XamlDesigner(XDesProc.exe)です。
しかも、見てる限りだと UWP アプリケーションの模様。

ということで、 VS2015 を起動して、適当に UWP アプリを作って、試してみました。
結果、全てアンインストールした状態にて以下の動作を行った際に、
新たに NoUIEntryPoints が追加されました。

  • XAML ファイルを開く。

ということで、 UWP の XAML デザイナーということで間違いなさそうです。
なお、 WPF でも試してみましたが、WPF の場合は追加されることはありませんでした。

次に、実験として、 XAML ビューを開いた状態で、アンインストールを実行すると、

f:id:MikazukiFuyuno:20160717021948p:plain:w400

といったように、いつものエラーが発生してしまいました。
ただ、デザイナーの数を増やしたり、 VS を一旦終了し、再度起動させても、
画像のように増殖するといったことは発生しませんでした。

ということで、増えるタイミングを探してみると、以下のタイミングで増えました。

  • x64x86 などへ構成を変更した時
  • デザイナーがクラッシュして、「再度読み込む」をクリックした時

ということで、いっぱいある場合は、上のことに気をつければ良さそうです。
(2つめはどうしようもないけれども)

ただ、他の PC でも、 NoUIEntryPoints-DesignMode が増殖しているのかどうかは知りませんし、
もしかしたら私の環境でのみ発生しているのかもしれません。

なお、上記アプリを削除したい場合は、 PowerShell で以下のコマンドレットを実行することで、
一括削除可能です。

Get-AppxPackage -Name ????????-????-????-* | Remove-AppxPackage

なお、他のアプリ(例:UWP のサンプルだとか)も削除されることがあるので、
予め確認してから行ってください。

ところで、この NoUIEntryPoints-DesignMode ってなんだ?って調べてみると、
どうやら開発ツールやテストスイートのために予約されているワードのようです。
ということは、テスト走らせる時でも増えるかもしれないですね。試してませんが。

ということで、とりあえずは解決?した話でした。
結論だけ言うと

  • Get-AppxPackage -Name ????????-????-????-* | Remove-AppxPackage で一括削除すればいい
  • たぶん Universal Windows App Development Tools のバグ
  • 現状防げない

です。


そういえば、これ書いてる時に、こんなことつぶやいてましたが、レジストリ変更前なので、
関係ありません。
というか、修理行きなのかな...?