みかづきメモ

主にプログラミング関連のメモ帳 ♪(✿╹ヮ╹)ノ 書いてあるコードは自己責任でご自由にどうぞ。記事本文の無断転載は禁止です。

Unity でプロジェクト外部の参照を追加したい

ここでいう外部の参照っていうのは、 NuGet ライブラリだったり、
.NET Framework には含まれてるけど追加参照が必要なものを指します。

NuGet ライブラリを使う場合

公式ドキュメントでは nuget.org から DL する方法が紹介されていましたが、
いちいち落としてくるのも面倒なので、専用の拡張を導入します。

ここから NuGetForUnity の最新版をダウンロードし、インポートします。
インポートしたらツールバーに NuGet の項目が増えているはずなので、
Manage NuGet Packages から入れたいものを入れてあげれば OK。

この方法で導入した場合、良い感じに csproj にも追記してくれるので楽でした。

追加参照ライブラリを使う場合

System.IO.Compression.dll みたいなのを使う場合は、 csc.rsp を作ります。

Assets ルートに csc.rsp を作成し、参照設定を記述します。

/r:System.IO.Compression.dll
/r:System.IO.Compression.FileSystem.dll

次に、プロジェクトを Visual Studio で開いて、通常の C# プロジェクトと同じように、
参照設定を追加します。
もしくは csproj が再生成 (編集) されるような変更を Unity Editor 上で行います。
そうすると、自動的に参照設定が追加されます。
(初めの方法でやっても、 Unity のに設定が置き換えられます。)

ということで、 Unity で外部参照を追加する方法でした。