みかづきメモ

主にプログラミング関連のメモ帳 ♪(✿╹ヮ╹)ノ 書いてあるコードは自己責任でご自由にどうぞ。記事本文の無断転載は禁止です。

Unity のエディター拡張を DLL 形式で配布したい

Unity のエディター拡張とかでソースを公開したくない場合とか、
追加参照が必要なときに DLL で配布すると良い感じに出来たりします。

そういうときのための、 DLL でエディター拡張を作る方法についてのメモ。

前提環境は以下の通り:

基本的には .NET で DLL 作る方法と同じで OK です。
Visual Studio でいつも通り .NET Framework のクラスライブラリを作るだけ。
ただし、 UnityEditor などを参照する必要があるので、設定を行います。
参照マネージャーから参照に UnityEngine.dllUnityEditor.dll を追加すれば OK 。

あとは、ビルドしたもののうち、 Unity 関係以外を Plugins の適当な場所に
コピーしてあげれば、 Unity が読み込んで良い感じにしてくれる。

ちなみに NuGet パッケージを使ったり、追加参照をやってても良い感じにしてくれる。
ということでメモでした。